ニコチン中毒というのは
タバコが切れてくると無性にタバコが吸いたくなり
煙草を吸うことによってその緊張感がとれ気持ちが満たされる。

そしてまたニコチンが切れてくると同じことを繰り返す。
カフェイン中毒の場合は
コーヒーを飲まないでいると頭痛がしたり、気分が落ち込んだりするらしい

そこまではいかないが
コーヒーはまた飲んでみたいという衝動を感じる
それは味のせいなのか、香りのせいなのか
あるいはカフェインのせいなのか

デカフェつまりカフェインを除いたコーヒーであっても
また飲みたいという気持ちは変わらない
それは他のし好品例えばチョコレートやおせんべいでも
同じことがあるだろう
うまいコーヒー
しかしせんべいやチョコレートなどは中毒とはいわないだろう
たとえそれがなかっても、禁断症状のようなものはないと思われる

しかし薬物中毒の場合はそれが切れた場合の禁断症状というものがある
コーヒーの場合は頭痛や鬱な気分といったものが
それであろう。

アル中の男と一緒に仕事をしたことがあるが
かれはいつも酒臭い息を吐いていて
幻覚と被害妄想がひどかった

カフェイン中毒は
外見上は何も変わらないことだろう
単なるコーヒー好きにしか見えないことでしょう