昔はつるつるのきれいな赤ちゃんだった
でもほとんどの人は
月日がたち老人になると
しわやしみの多い老人膚になっていく

それでいいのだ
それが自然の摂理というものだ
と思ってしまえば
何のことはない

70過ぎてつるつるの肌なんて
そんなのはお化けだ
気持ちが悪い

年相応でいいではないか
白髪だって、禿だって
皺だって
年輪の一つのようなものではないか
若返り過ぎて
孫と同じような年の男の子に
恋されてみなさい
かえってめんどくさい人生に
なってしまうのではないか

せいぜい剥げた親父と一緒に
お茶でもすすっているのがよいのでは
ないのだろうか