東南アジアのサンダカンという街をおとづれた時に
肉屋の軒先に皮を剥かれた犬の肉を見て驚いたものだが、
中国、韓国、東南アジアの国々では犬を豚や牛と同様に食肉用に売買してきた。

日本の肉屋では見られないが、会社の先輩は犬を食べたことがあり
犬の肉を食うと体が熱くなると言っていたのをおもいだす。

その事に関する嫌悪感は犬をペットとして買っておられる人々にとっては
噴飯ものかも知れない。

同様嫌悪感をクジラやイルカを食べないオーストラリア人は日本人に対して
抱くのであろう

韓国人が、豚を食べるのに犬を食べていけないなどと言うなとコメントしてましたが
同様に、マグロを食べるのにイルカを食べていけないなんて言うなと
日本人はニュージーランドやオーストラリアの人に言ってはいないけど
そう言う論理はなりたつかも。

要するにいかにその動物を愛しているかということですが、
この間10人ほどの白人女性が無人島でサバイバル体験する番組をやってましたが
島で見つけた子豚を最初はペットとして可愛がってましたが
食べるものがなくなると、串刺しにして焼いて食べてましたっけ。